life and life

左片麻痺の気ままな日々

約2年ほどお世話になった傘を処分しました。

骨が折れたとか穴が空いたとかではなく、錆がひどくなって浸透して来た雨水と混ざって出来た汚水に、服をダメにされたのがきっかけでした。

今では珍しくないワンタッチで開閉できるタイプでしたが、当時は種類も全くなく、「こんなアイテムが欲しかった!」と興奮気味で購入したのを覚えています。

傘としてはまだまだ使えますが、流石にこれ以上服をダメにされては溜まったものではないので、思い切って処分しました。

 

2年間ありがとう、そしてさようなら。

その代わり全く同じものをストックしてたのでこれから2代目として頑張ってもらいます。

 

広告を非表示にする

水菜

f:id:k_9:20170524173929j:image
実はこの前の日曜に家庭菜園を始めた。
(虫問題など)色々始めるにも勇気がいることだけど、これからの未来、自給できる知識と環境が必要だと感じ始めてたので、思い切ってスタートした。
種まきから数日、ついに小さな命が芽吹いた。
初めて芽吹いた苗を見つけたときは、きっと自分に子供が生まれてきてくれたときは、こんなにも胸が熱くなるし愛おしいものなんだなと感じて、生涯独身を強く決意した気持ちが大きく揺らいでしまった(笑)
毎朝早起きして水を巻く習慣が追加されたが、こんなにも愛おしい子のためなら苦になることはなさそうだ。

大きく育て、愛しい水菜たちよ。追い追い食べられるなんて現実なんて知らないうちにね。

広告を非表示にする

伊達メガネ

f:id:k_9:20170513215359j:plain

実家に寄ったら持ち主不明の伊達メガネが出てきた。


母親のでも妹のでもない。もちろん僕のでもない。買った覚えなんかないからね。


ただなんか面白そうだなと思って頂くことにした。

最近はファッションに関して色々な可能性を考察してたので、伊達メガネも十分考察の必要があると思ったからだ。


ちなみにJINSのPCメガネを使ってるが、あれだと微妙にランズが黄色いのでオフの時は使ってない(クリアレンズも持ってるがお客さんと接する機会の多い職場専用にしてる)



暫くオフの日はこの伊達メガネを掛けて出かけようかな。


広告を非表示にする

音クライベント

f:id:k_9:20170423235136j:plain
行ったこともない場所、クラブイベント、オタ芸、初めてだらけの1日だった。

家から車で1時間ほどの所にある筑後広域公園で、知り合いが主催するDJイベントがあるとのことだったので行ってきた。

思い返せば主催の人は顔見知りなのは間違い無いけど、顔も覚えられてなかったようなので知り合いではなかった。

後に基本的に音楽でノる時はヘドバンぐらいしか方法を知らないから、オタ芸で乗るっていうのが少し異文化を見てる気分で面白かった。

郷に入っては郷に従え、片麻痺でオタ芸は厳しいところもあるけど、少しでもイベントを楽しめるよう覚えていきたい


広告を非表示にする

アップル製品ファンの集まり

f:id:k_9:20170423003410j:plain月に一回の地元のAUGMの集まり、今月は土曜だったが時間帯が夜だったので参加できました。


iPadの操作を教えあったり、テック系の話題で話したり、初期に想像してたような会になりました。


新型Fire stickを触らせてもらえたのは良かった。レスポンスがかなり改善されてて、現状不要なのに欲しくなってしまう(笑)


来月の参加はスケジュール的に難しそうなのが残念。



夏の始まり

f:id:k_9:20170421234015j:plain

まだまだ若くいたいと頭の中では抵抗して居ても、時間の流れの感じ方はすっかり年寄りみたいに、あっという間に感じるようになった。

綺麗な桜で咲き乱れを楽しんでたのもつかの間、すでに桜はつぎの春に備え身を潜め、そこには太陽の光を一身に浴びるため緑色に輝く葉で溢れていた。

春気分でいたけど、季節はすっかり夏なのか。

広告を非表示にする

パーソナルカラー

f:id:kokono2122:20170420000722j:plain

で話題のパーソナルカラー診断を受けてきた。

個人的には春色タイプなんじゃないかなー。と思ってたが、まさしく春色タイプだった(笑)


もちろん春色にもたくさんの種類があり、その中から特に似合う"ベストカラー"を幾つか探っていくのだが、意外なことにベストカラーの一つがピンクだった。


そういう訳で、察早速アパレルショップでピンクのオックスフォードシャツを買ってきた。


パーソナルカラーとは単に似合う色という訳ではなく、肌が健康的に印象良く映える色だと教えてもらった。


常に自分の中にこの色たちを取り入れて、印象良い魅力ある人になっていきたいと思う。


個人的にミニマリストになりたい訳ではないが、ミニマリズムという考え方やライフスタイルは非常に興味があり、常に生活のどこかに取り入れている(食器を1人分だけにする等)


自分に合う最適な色を知ることによって服を買うときに無駄に迷う必要がなくなる、身につけるべき色味を統一できる、というのもミニマリズムに取り込めそうだ。


広告を非表示にする