life and life

左片麻痺の気ままな日々

カツ丼

f:id:kokono2122:20170416230035j:image

1年ぶり(同行した友人曰く)に地元のカツ丼屋でカツ丼を食べた。

久しぶりに食べる味は以前と変わらず、甘さが引き立つ出汁と、サクサクの衣と柔らかい豚肉のカツがふっくら半熟の卵を通じてちょうど良い硬さで炊かれた白米の上にどっしり構えており、一口一口が幸せを運ぶような気分で味わえた。

 

特別高いわけでも、滅多に行けないわけでもないが、こういう気に入ったお店は定番の味にしたくない。

 

だからまた長い期間をあけて足を運ぼうかな。

広告を非表示にする